サイト内検索 powered by Google
ナビゲーションバー

ウスバアゲハ亜科(Parnassiinae)のページ

■小型から中型のアゲハチョウの一群で、化石などから似たような種類が出てくるため、蝶の中でも原始的な仲間と思われます。蛹になるときに簡単な繭を作ったり、交尾の時に雄が雌に交尾のうをつけたりと、特徴のある仲間といえます。


ウスバアゲハ亜科は約80種類ほどからなるグループです。以下の2族のグループにまとめることが出来ます。

 ●タイスアゲハ族(Tribe Zerynthiini)

日本ではギフチョウがこの仲間に入ります。主に旧北区で発展していて、タイ北部から中国の方ではシボリアゲハなど珍しい種類が生息します。

 ●ウスバアゲハ(ウスバシロチョウ)族(Tribe Parnassiini)

一般にウスバシロチョウと呼ばれ、名前に「シロチョウ」とつきますが、アゲハチョウの仲間です。中型



 

サイトマップ | 使い方 | お問合せ
Copyright 1996-2017 Kojiro Shiraiwa. All Rights Reserved.