サイト内検索 powered by Google
ナビゲーションバー

タイスアゲハ族(Zerynthiini)のページ

■タイスアゲハ族はウスバアゲハ族にならんで、原始的な蝶の仲間に入ります。ヨーロッパの漸新世の地層より発見されたモトタイスアゲハ(Thaites ruminianus)がその祖先の仲間として見つかっています。


タイスアゲハ族は、以下の5つの属があります。

1属1種で韓国に生息するホソオチョウSericinus montela のみ。最近は、人為的に日本に持ち込まれて、ウマノスズクサを食草に土着しつつあります。

「春の女神」と呼ばれる、中型の愛らしい蝶。日本では、マニアがいるほど人気がある。

最近までは、非常に珍しい蝶で、数頭しか発見されていませんでしたが、最近は研究も進みだいぶ標本などをみれるようになりました。



[ウスバアゲハ亜科のページ] / [次へ]

サイトマップ | 使い方 | お問合せ
Copyright 1996-2015 Kojiro Shiraiwa. All Rights Reserved.