サイト内検索 powered by Google
ナビゲーションバー
ぷてろんワールド蝶の生態>蝶の雨宿り

蝶の雨宿り

■雨が降ったとき、蝶はどこへ行ってしまうのでしょう?


蝶の羽は鱗粉で覆われていて、びしょぬれになることはあまりありませんが、やはり雨が激しく降ってきたときなどは木の葉の裏や、下草の間に入り込み雨宿りをします。

また、家の軒下などにも集まってくることがあります。


▲ホテルの軒下で雨をしのぐタテハチョウの一種(タイにて)
この時はこの様にあちこちで蝶の雨宿りが見られた。

壁のない開放的なホテルなどの廊下などでも、この光景は見ることが出来ます。階によって雨宿りする蝶の数が違うことがありますので、このような状況を見つけたときは、色々と観察してみましょう。

サイトマップ | 使い方 | お問合せ
Copyright 1996-2017 Kojiro Shiraiwa. All Rights Reserved.