サイト内検索 powered by Google
ナビゲーションバー

青い蝶


青い色をした蝶は、次のような種類が考えられます。一部画像がありません。


【アオスジアゲハ】

街中でも見られる、青い筋が特徴のアゲハチョウです。


【ミカドアゲハ】

アオスジアゲハによく似ていますが、青い紋の模様が違います。


【カラスアゲハ】

翅の表が青や緑に輝くとてもきれいな蝶です。
山の川辺などで吸水する姿がよく見られます。

前翅の白い帯が上に向かって広がるのが特徴です。


春型

夏型
【ミヤマカラスアゲハ】

カラスアゲハによく似ています。後翅の裏に白い筋がありますが、 個体によってはこれがほとんど消えてしまっていることがあります。前翅の白い帯は上から下まで幅が同じです。


【ウラギンシジミ】

オスはオレンジの紋があります。
幼虫はクズやフジなどの豆類を食べます。


【コツバメ】

翅を中々開きません。
早春に出てくるシジミチョウの一種です。


【ムラサキシジミ】

カシの木を食樹として、その側で見つかります。翅は立てて止まることがほとんどです。飛ぶと、きれいな青色が見えます。



【ムラサキツバメ】

ムラサキシジミに似ていますが、大きくて、
後翅にしっぽがあります。


【オオミドリシジ】

クヌギやコナラで見られます。
翅は見る角度によって青く見えます。


春型

夏型
【トラフシジミ】

翅の裏の虎斑(とらふ)模様が特徴です。


【ヤマトシジミ】

道ばたや畑などに生えているカタバミの周りにいます。



【ツバメシジミ】

ヤマトシジミによく似ていますが、青色が濃く、
後翅にしっぽがあります。裏にはオレンジの紋があります。



【ルリシジミ】

様々な場所で見られ、よく地面で吸水をします。

 



【ウラナミシジミ】

クローバーやクズの周りをすばやく飛び回ります。
後翅にはしっぽがあります。秋に多く見られます。


【ルリタテハ】

樹液によく集まります。翅の裏は木の肌のようで、
とても敏感です。


【コムラサキ】

ヤナギを食樹とし、樹液にもよく集まります。
表の青色は見る角度によって色が変わります。


【オオムラサキ】

山地に多く、樹液によく集まります。
エノキを食樹とします。


【アサギマダラ】

飛んでいる時、乳白色の部分が薄い青色に見えます。
「渡り」をすることで有名です。

 



[戻る]
サイトマップ | 使い方 | お問合せ
Copyright 1996-2017 Kojiro Shiraiwa. All Rights Reserved.