サイト内検索 powered by Google
ナビゲーションバー
ぷてろんワールド蝶の分類蝶の分類(科)シロチョウ科のページ>マルバネシロチョウ亜科のページ


マルバネシロチョウ亜科(Pseudopontiinae)のページ

■マルバネシロチョウはアフリカに分布するきわめて変わったシロチョウです。その変わった姿から、蛾と考えられた時もありました。


マルバネシロチョウ属(Pseudopontia)

マルバネシロチョウは、前翅と後翅が逆になったような、大変変わった半透明の翅を持っています。また、翅の形だけでなく、翅脈(しみゃく)も蝶の中で最も変わった脈相(みゃくそう)を持っています。下の標本の翅脈をトレースすると、下のようになります。マルバネシロチョウの仲間はマルバネシロチョウ一種だけで、亜種はparadoxaaustralisという二種が現在のところ確認されています。

飛び方は大変弱々しく、クロテンシロチョウの飛び方に似ているといいます。


▲マルバネシロチョウの翅脈



【マルバネシロチョウ】Pseudopontia paradoxa Plötz, 1870 ♂(表・裏)
ウガンダ 前翅長 26mm
熱帯アフリカのみ

サイトマップ | 使い方 | お問合せ
Copyright 1996-2015 Kojiro Shiraiwa. All Rights Reserved.