サイト内検索 powered by Google
ナビゲーションバー

テングチョウ亜科のページ


■テングチョウ(Libythea)属

◇テングチョウ亜属(Libythea


【テングチョウ】Libythea celtis celtoides Fruhstorfer, 1909 ♂(表・裏)
日本(山梨県) Yamanashi, Japan 前翅長 24mm
日本に生息している唯一のテングチョウ。


【キオビテングチョウ】Libythea myrrha sanguinalis Fruhstorfer, 1898 ♂(表・裏)
ベトナム Vietnam 前翅長 26mm


【マダガスカルテングチョウ*】Libythea ancoata Grose-Smith, 1891 ♂(表・裏)
マダガスカル Madagascar 前翅長 19mm


【ヒイロテング*】Libythea collenettei Poulton & Riley, 1928 ♂♀(表)
マルケサズ諸島 Marcesas Is. 前翅長 21mm / 21mm
1925年以来記録が途切れ、2001年再発見されたテングチョウ。


【アジアテング*】Libythea narina rohini Marshall, 1881 ♂(表・裏)
タイ Thailand 前翅長 24mm
東南アジアに生息するテングチョウの一種。



【ムラサキテングチョウ】Libythea geoffroyi maenia Fruhstorfer, 1909 ♂♀(表・裏)
パプアニューギニア Papua New Guinea 前翅長 29mm /27mm
雄の羽はテングチョウの仲間で唯一青色をしている種類。

◇アメリカテング亜属(Libytheana


【アメリカテングチョウ*】Libythea bechmanii ♂(表・裏)
アメリカ合衆国(インディアナ州) Indiana, USA 前翅長 21mm
北米を主産地とする種類。テングチョウの中でも鼻(パルピ)が長く、
学者によっては別の属に分類される。

【ナンベイテングチョウ*】Libythea carinenta ♂(表・裏)
メキシコ Mexico 前翅長 25mm
北米南部から南米に産するテングチョウ。
全種と同様に、別の属扱いされることもある。


[戻る]
サイトマップ | 使い方 | お問合せ
Copyright 1996-2015 Kojiro Shiraiwa. All Rights Reserved.