サイト内検索 powered by Google
ナビゲーションバー

アカガネタテハ族(Eubagini)のページ

■北米南部から南米の熱帯地区に生息するアカガネタテハ族の蝶は、アカガネタテハ属一属からなるユニークなグループです。分類学的ポジションが中々定まらず、イチモンジチョウ族に入れられたり、ヒョウモンモドキ族に入れられたりしていました。


■アカガネタテハ属(Dynamine Hübner, [1819])

アカガネタテハ属は、30〜50種いると言われ、それぞれの特徴によって以下のグループに分けられます。一部の種類は局地的にしか生息しておらず、標本もわずかしか得られません。この為、このグループの蝶はまだまだ研究する必要があります。幼虫はTragia属やDalechampia属の植物の花やつぼみ、若芽を食べると報告されていますが、殆どの種の生態は不明です。

 ◇アカガネタテハの仲間


【アカガネタテハ】Dynamine postverta postverta (Cramer, [1780]) ♂(表・裏)
ペルー Peru 前翅長 23mm


【アエラタアカガネタテハ*】Dynamine aerata aerata (Butler, 1877) ♂(表・裏)
ペルー Peru 前翅長 23mm


【サラアカガネタテハ*】Dynamine sara (Bates, 1865) ♂(表・裏)
ペルー Peru 前翅長 22mm


【ルリアカガネタテハ*】Dynamine gisella (Hewitson, 1857) ♂(表・裏)
ペルー Peru 前翅長 22mm

 ◇シロガネタテハ*の仲間


【ルリシロガネタテハ*】Dynamine paulina paulina (Bates, 1865) ♂(表・裏)
ペルー Peru 前翅長 17mm


【ウラスジシロガネタテハ*】Dynamine athemon barreiroi Fernández, 1928 ♂(表・裏)
ペルー Peru 前翅長 17mm


【シロガネタテハ*】Dynamine coenus coenus (Fabricius, 1793) ♂(表・裏)
ペルー Peru 前翅長 17mm

サイトマップ | 使い方 | お問合せ
Copyright 1996-2018 Kojiro Shiraiwa. All Rights Reserved.